2012年7月プラハ写真 ~Rest in Peace 海外で生活をする覚悟~ 

ネットで募金を募る方法や病人を海外搬送する団体を紹介した方、その他にもいくつかの案が奥様とサポートしている女性の元へ届いたそうです。

よし、希望の光が見えてきた!

しかし、

そんな風に思っていた矢先、


残念ながら男性は息を引き取ったそうです。

Facebookには

「皆様有難うございました。感謝しています。」

と奥様の書き込みがありました。

とっても優しい男性のことだから、もう奥様達にこれ以上無理をさせたくない、と思ったのでは、なんて私は思ってます。

世の中って

本当に平等じゃない、と感じる出来事でした。

これまで数えきれないほどたくさんの人の命を助けてきて

他の人が真似できないような難しい勉強を海外でされていたような立派な若い方が、

結婚をしたばかりの時期にこのような結果になってしまうなんて。

悲しくて残念でなりませんでした。

男性のFacebookページにはたくさんの人からのお悔やみの言葉が投稿されていました。

たくさんの方に愛されていた方だったのだと思います。

4月2日には、プラハは4月なのに大雪です、と普段と変わらない様子で男性が書き込みを投稿していて、

4月3日に奥様の突然の書き込み。

ご本人も奥様も、全く想像してなかったでしょうし、私もショックで信じたくありませんでした。

そして2020年の今、Facebook を久しぶりに開いてふと思いだしたあの男性のこと。

5年前の出来事を改めて振り返ってみました。

家族の元を離れて海外で生活をすること、何かあった時が一番、海外生活を選んだことを後悔する時かもしれませんね。

後悔しないように、何もない時に万が一の時の準備を、なんて思います。

今日、彼のFacebook ページを覗いたら、2020年の今も、友人や後輩たちからのお誕生日メッセージなどの書き込みがありました。

今写真を改めて見てみても、プラハは街並みが美しくて、素敵な場所だったな、と思います。

結局、約束した彼との再会はできませんでしたが、彼のおかげで大好きになったプラハは、またいつか訪れたいです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2件のコメント 追加

  1. 出会いがあれば、必ず別れがあり、でもそれは突然すぎてつらいですね…。
    いい人ほど早世してしまうのは、神様が欲しがるからなんていいますが、残された人間には悲しみが残りますよね。適切な言葉が見当たらず、上手く言えませんが、Shrimpさんがプラハを好きになったことを、その男性も喜んでいると思います。
    プラハ、私も一度でいいから訪れてみたいと思う場所です。

    いいね: 1人

    1. Shrimp より:

      コメントありがとうございます(^^)
      神様が欲しがる!そうだったのですね!なんだかとても納得できました。

      ありがとうございます(^-^)プラハ好きな日本人が増えたら彼はきっと喜びますね♪
      ずっと好きでいようと思います!

      プラハ、街並みも素敵でご飯も美味かったです(*^^*)ぜひいつか♪

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中