香港食器屋 粤東磁廠(Yuet Tung Chinaworks)で宝探し

こんな感じで九龍湾駅A出口から歩きました
駅から徒歩5分ほど

今回は、先日訪れた、香港在住日本人女性に大変人気の九龍湾(カオルーンベイ)にある食器屋さんに行ってきました(^_^)/
数が!迫力が!!日本とは違いました!!!
埃だらけの食器もあったり、宝さがしをした気分になれました♪(笑)

粤東磁廠(Yuet Tung Chinaworks)、香港人の間ではそんなに有名ではなく、日本人の間で大人気な食器屋さんです。香港人は、デパートに置いてあるような、ブランド食器の方が好みなのでしょうか。
Google Mapのレビューも、書いているのは日本人だらけです!(笑)

粤東磁廠への行き方は、香港ナビさんのウェブサイトに詳しく写真と説明があったので迷うことはありませんでした(^_^) ⇓⇓

香港ナビさんウェブサイト

ビルの3階に着き、携帯を見ながらキョロキョロとしていると、明るい笑顔の女性が手招きをして、こっちこっち、と招き入れてくれました。

入口の前に荷物置き場があり、そこに荷物を置いて中に入ります。

もう、店内の通路がほんとに狭いので、バックを置かなければいけない理由が分かります!

地震のない香港、こんなドサドサッ!!という感じのお店、たまに見かけます。(笑)
何枚か無くなったって絶対だれも気が付かないでしょう。。。

🌸注意点

注意としては、店内が蒸し暑くて、、、これから夏の時期に行かれる方はお気をつけて〜!

そして、ホコリがすごいので、お気に入りの綺麗な洋服ではいかない方がいいです!ホコリを触るのやだ!という場合には軍手を持参した方がいいです(^^)

お店入ってすぐの場所には、このペニンシュラ柄の食器が多く置いてありました。
一番人気なんでしょうかね。

この手のひらサイズのブルーのもので、80香港ドル(1,115円ほど)です。
入って左側にB級品のリーズナブルなものが多く、右側は傷のない正規品、という感じでした。

裏側には、Hand Painted in Hong Kongの文字があるのがいいですね!

大き目のお皿(しまう場所に少し困りそうなのが難点?)
200ドル(2,800円ほど)

こちらの赤がペニンシュラに卸している(いた?)という色と柄ですね!

この色が一番多く置いてあったせいか、お値段も若干リーズナブルなものが多かったです!

ペニンシュラの文字が入っているものと入っていないもありましたが、有名なので、お土産にいいかもしれませんね!

グリーンも爽やかで素敵です!

グリーンは新しいのか、裏に何も文字が入っていない点が少し残念でした。購入後、裏は見ないかも知れませんが、Hand Painted in Hong Kongとか入れて欲しいです!

似た柄でも少しずつ違うのが手描きという感じですね!

こんなカラフルな食器を買いたいな♪なんて考えていましたが、、

柄が全体的に入っているカラフルなものはこんな少し剥げのあるようなB級品でも1万円以上(*_*)

予想以上のお値段でした(*´-`)

こちらも粤東磁廠の名前をインスタで検索すると良く出てくる人気の柄ですね。
大き目のオーバルプレートです。

こちらはお値段1,000香港ドル(14,000円ほど)、この大きさでこの華やかな色遣い、なんだか安く感じてきます。(笑)

こちらの手のひらサイズのプレートは一色のシンプルなもので、60ドル(835円ほど)、この程度なら気軽に購入ができますね。

そして、購入の前には、しっかりとチェックが必要です。
B級品なので、欠けていたり、柄が剥げているようなものもけっこう…。

お店入って一番左手のお部屋はものすごいホコリ!もう何年も誰も触ってないのかな、という食器がたくさん置かれていました。実はそんな場所に、年代物のお宝が眠っているのかも!?

そして、入口入って右手側(↓の写真内左手)の高級感漂う方も一応チェックしました。

🌻悩んで選んだ購入品などの紹介は2ページ目に続きます

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中